リバウンドしないダイエット方法

リバウンドとは何か?

リバウンドとは、ダイエット失敗の最悪結果とも言うべき現象でしょう。

 

人間の体内には、『レプチン』と呼ばれる脂肪を
コントロールするホルモンが存在します。

 

リバウンドは、このレプチンが狂ってしまう現象なのです。

 

では、さらに細かくリバウンドの知識を深めていきましょう。

リバウンドになる原因

ダイエットをするということは、
脂肪を作らせないようにするか、
脂肪の燃焼させ易くするかの2種類です。

 

どちらのダイエット方法にしても、脂肪を減らすということには違いはないため、
人間の脳は緊急事態が起きてしまったと錯覚を始めます。

 

すると、途端に脳は今まで以上に脂肪を沢山蓄えようと
身体に命令を発信するのです。

 

ちなみに・・・
人間の体内にはレプチンの作用によって蓄えられる
脂肪細胞の大きさが決められています。

 

たとえ100の脂肪分が食べ物から送り込まれても
ある人によっては50しか吸収しなかったり、
または80も吸収してしまう人もいるのです。

 

食べても太らない人は、この脂肪吸収率が非常に低い人なのです。

 

勘の鋭い人はピンときたかもしれませんが、
ダイエットを開始した直後は必ずこの脂肪吸収率が上がり始めます。

 

脂肪の貯蓄が減り始めたため、脳がいつもより脂肪吸収率を
上げてしまうのです。

 

これがダイエットをして突然体重が減らず停滞する理由です。

 

問題なのは、この停滞期間にやはり体重が減らないと
諦めてしまうことなんですっ!!

 

リバウンドしたら最悪

停滞期間に諦めてダイエットをやめてしまうと、
脂肪吸収率は以前より上がっているのに、
以前と同様の脂肪分が送り込まれる結果となります。

 

すると、ダイエットを開始するよりも身体に脂肪が溜まり易くなってしまうわけです。

 

これがリバウンドであり、ダイエットなんてするんじゃなかったと
嘆いても嘆ききれない最悪な状態となるものです。(T_T)

 

以前まではけていたズボンが入らなくなったり、
洋服も着れなくなったりと、本当に辛い目に遭います。

 

やっぱり頑張ろうと決心しても、
また途中で諦めたら更にリバウンド…
という悪循環に彷徨い続けることになってしまうのです。

リバウンドを回避するには…

最悪な結果を逃れるためには1つしかありません。

 

停滞期間に脳を説得することです!

 

どういう意味かというと、
脂肪が蓄えられない緊急事態ではなく、
これが当たり前の状態であり、
何も問題ないよという信号を送ってやることなんです。

 

人間の脳は生命を維持するために
数週間単位で身体のバランス調整をおこなっています。

 

脂肪を蓄える比率も同じです。

 

体重停滞期間においては、このままでは危険なのでは?
と常に心配している状態なのですが、
あまりに一定期間変化がなければ、
別にこのままでも問題はないと慣れてくれるのです。

 

この時期が次の体重減らしへのステップになります!
ここが我慢のしどころですね☆

ダイエット成功の秘訣

リバウンドせずにダイエットを成功させたいなら
とにかく無理せずに継続できるダイエット法でなければなりません。

 

前述してきたように、どんなダイエット方法であれ
途中で止めると倍返しが待っています(笑)

 

 

それを回避するには、目標体重やスタイルを手に入れるために
絶対に諦めない強い信念が必要です。

 

 

とは言っても、人間は心の弱い生き物です。

 

 

だからこそ、楽に継続できるダイエット法を選び
長く確実に続けられるようにしなければなりません。

 

一時的に食事制限をして痩せても
全く意味はなく、むしろ不健康への特急列車に
乗り込むようなものなのです。