食事制限ダイエットの罠

食事制限の注意点

筋肉をつけたい人の多くは、脂肪をつけずに、
という思いが強いため、筋肉を増やすために筋トレをするのと
平行して脂肪をつけたくないから摂取カロリーを
極端に落とす食事制限を試みます。

 

しかし、これもひとつ間違えると、
筋肉がつかないだけでなく逆に太ってしまうのです。

 

食べないんだから痩せるに決まってるでしょ?
と思われるかもしれませんが、体はそんなに
単純な構造ではないのです。

 

仮に一日の消費カロリーを2000kcal とし、
2000kcal 摂取していれば、プラスマイナスゼロで、
体重は変わらない人がいるとします。

 

しかし、ここで摂取カロリーを1500kcal に落とすと、
2000kcal(消費カロリー)−1500kcal(摂取カロリー)
=500kcal となり、500kcal 分だけ体重は減る計算です。

 

しかし、前述したように、体はカロリーが不足すると、
体に蓄えられた脂肪だけでなく筋肉も分解して
不足分のエネルギーに充当してしまうのです。

 

『筋肉が減っても脂肪が減ってくれれば太らないのでは?』
と思うかもしれませんが、筋肉は脂肪を食べるのが仕事です。
24時間365日休まずフル稼働し、筋肉が多ければ多いほど
代謝が上がり、脂肪をガンガン食べるのです。

 

だから体格のいいスポーツ選手などは、
高カロリー食を摂っても、脂肪を筋肉がどんどん
食べてくれるから全然太らないのです。

 

だから、食事制限をする際には筋肉が減っていないか
常に気にかけておきましょう。
極端に食事制限をすると、筋肉と脂肪が半々で減り、
筋肉が減った分だけ筋肉の脂肪を食べる活動量が減るので、
後々脂肪が落ちにくくなるわけです。

 

制限目安としては一日の摂取カロリーの目安よりも
200kcal程度減らして、急激な食事制限は避けましょう。

 

しかし、その時も、筋トレを行い、体重1kgあたり2gの
高タンパク質の食事を心がけて、筋肉の減少を最小限に
留めておくことが肝心です。