1日5分のストレッチで痩せられる!?

小細工なしのダイエット方法

確実に100%痩せる方法はあります。

 

ただし、通常のダイエット法はほとんどの人が
途中で諦めてしまいます。

 

ここでは、なるべく誰でも簡単にできて、
確実に脂肪だけを燃焼させるダイエット法を
ご説明します。

 

脂肪だけを落としたいのであれば、
まずは炭水化物の消費を狙う事です。

 

炭水化物は、3大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)の中でも、
1日の摂取カロリーが最も多い栄養素です。

 

人が活動を行う際のエネルギーとして使われ、
不足すると疲労がたまったり、めまいを
起こすこともあるので、ダイエット中の極端な
炭水化物の制限は絶対に控えるべきです。

 

ダイエット中の人は、活動量の落ちる夜のご飯を
半分にすることから始めましょう!

 

あまり知られていない事実ですが、
実は、朝と昼は多少摂りすぎても問題はありません。
食べすぎたかな?というレベルでも大丈夫なんです。

 

この習慣で食べていれば、朝は前夜から
あまり何も口にしていないので、
体は飢餓状態になっているはずなのです。

 

体温も代謝も低いので、炭水化物を摂取して
日中活動できるだけのエネルギーを
補充したいと脳が訴えます。

 

では、以下のポイントを覚えて下さい!

 

朝と昼は多少食べ過ぎてもOK!
極端な食事制限は禁止!
夜は脂肪を吸収し易いので炭水化物を半分にする!

 

とにかく夜の炭水化物を減らすことが、
ダイエットを成功させる最も確実で
早い方法だということを覚えて下さい☆

炭水化物について

炭水化物とは、ご飯やパン、麺、ピザの生地、
さつまいも、かぼちゃなどの主食を言います。

 

ご飯は、パンや麺などの加工食品とは違い、
原形を保っていることから、噛み砕くのに
時間がかかり、おのずと噛む回数が増えるので、
少ない量で満腹感が得られやすいです。

 

かぼちゃとさつまいもは、低カロリーで
満腹感が得られやすいので、ダイエット中には
特にお勧めできる食材ですね。

 

ちなみに、かぼちゃのカロリーは100gで82kcal、
さつまいもは100gで119kcalほどです。

 

ご飯が100gで168kcal位なので、
かぼちゃやさつまいもはカロリーがずいぶん少ないです。

 

食物繊維が豊富で満腹感が得られるとあって、
ボディビルダーの多くは減量期にはさつまいもを
ご飯代わりに主食としているくらいなんです。

 

調理はゆでるだけで味付けも不要なので楽です。
ただし、オナラがよく出るので注意が必要かもしれませんね(笑)

 

ちなみに、かぼちゃとイモ類は野菜だと思って
沢山食べる人がいるようですが、ほかの炭水化物との
併用は太るもとなので止めた方がいいです。

 

ダイエットをしつつ、筋肉をつけてメリハリボディを
手に入れたい人はさらに戦略が必要となります。

 

まず、筋肉をつけるためには、筋トレが必要です。
何もしなくても筋肉がついていく方法は存在しないです。